メビウスの方程式投資法

メビウスの方程式はリスクを抑えて多点買い用に開発された方程式です。
(2点買う場合)

 A・・・低いオッズ
B・・・高いオッズ

  最初に比率数値を求めます。

     比率数値=A÷B+1

次にAの投資金を求めます。

     Aの投資金=累積損失金×1.4÷(A-比率数値)

次に予測獲得額を求めます。

     予測獲得額=Aの投資金×A

  最後にBの投資金を求めます。

     Bの投資金=予測獲得額÷B

  一番低いオッズ>比率数値ならば3点でも4点でも何点でも購入可能です。
3点買いの場合
A<B<Cとします
比率数値=(A÷B)+(A÷C)+1
となりあとの手順は2点買いの時と同様にします。

  以上がメビウスの方程式の全容なのですが、言葉で説明するとわかりにくいし
めんどうな感じがするので実際に数値をいれて計算してみます。

  例:損失金1000、オッズ4.0倍と9.0倍の2点買いするとき

    比率数値=4.0÷9.0+1
=1.444・・・    (四捨五入)
≒1.4

よって比率数値は1.4

    オッズ4.0倍の投資金=1000×1.4÷(4.0-1.4)
=1400÷2.6
=538.46
100円単位でしか購入できないので端数を切り上げて600

    予測獲得額=600×4.0
=2400

    オッズ9.0倍の投資金=2400÷9.0
=266.6
同様に切り上げて300

よってオッズ4.0倍の投資金は600
オッズ9.0倍の投資金は300となる。

    (的中した場合)
投資金の合計=1000+600+300=1900

     4.0倍が当たると
4.0×600=2400

     9.0倍が当たると
9.0×300=2700

となり利益は500か800になる。
回収率は126%か142%になる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ddd

ページ上部へ戻る