モンテカルロ投資法

数列を使った特殊な計算方法で算術計算式とも呼ばれています。

(方法)

 1レース目
1、2の数列からはじめます。
1レース目の投資金は1+2=3となり3ポイントが投資金となります。

 2レース目
不的中の場合、数列に次の数字3を加えます。
1,2,3
そして両端をたした数が投資金となり、1+3=4
4ポイントが2レース目の投資金となります。

 3レース目
不的中の場合、数列に次の数字4を加えます。
1,2,3,4
そして両端をたした数が投資金となり、1+4=5
5ポイントが3レース目の投資金となります。

 4レース目
不的中の場合、数列に次の数字5を加えます。
1,2,3,4、5
そして両端をたした数が投資金となり、1+5=6
6ポイントが4レース目の投資金となります。

  以上のように的中するまで同じように繰り返します。

  それでは的中したらどうするか?
(的中した場合)
不的中が続き11レース目で的中したとします。
数列は
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12
となっていますよね
ここで両端から2つ数字を消します。
1,2、3,4,5,6,7,8,9,10、11,12
そして次のレースは数列が
3,4,5,6,7,8,9,10,
となり3+10=13となり13ポイントを投資金とします。

  また的中したら先ほどと同様に両端を2つ消して
5,6,7,8,
となり5+8=13
13ポイントが次の投資金となります。

  また的中したら先ほどと同様に両端を2つ消すと数字が残りません。
これ以上計算ができないので終了となります。

  もし不的中ならば数列は
5,6,7,8,13
となり次の数字を加えて
5,6,7,8,13,14
そして5+14=19となり19ポイントが投資金となります。

このように数字が一つになるか、なくなるまで続けます。
そうすると必ず利益が出ます。

 注意点
一点買い用です。
的中まで長引くと損益分岐点がどんどん高くなります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ddd

ページ上部へ戻る